動画制作代行いたします

一昔前「店舗管理代行」という商売が流行りました。

「飲食店や、喫茶店などの店舗をオーナー様に変わって運営いたします」という宣伝文句が売りでしたが、オーナー側は、管理運営を完全に他人任せにした時点で、いずれ赤の他人に乗っ取られることを覚悟しないといけませんし業者側も「管理運営をするのは業者側でも、権利があるのはオーナー様」という態度を崩してしまうと、うまくいっていたはずの人間関係もとたんに崩れてしまいます。

まったく新しいOKWave情報を厳選して紹介しています。

持ち主が酔いつぶれているからという理由で「運転業者」が車をそのまま乗り逃げしてしまうことはないはずです。



また「動画制作から投稿動画サイト掲載まで行います」という看板を立ち上げ、これから動画制作で起業をしようとしている人は、なにをどうテーマにして運営してゆくかを起業時にある程度定めておかないと、後々辛くなってしまいます。

最も注文しやすくとっつきやすいのは、既にホームページがあり、専門分野が決まっていて、明朗会計で、投稿動画サイト掲載まで行った作品が既にあり、世の中がどんなに不景気な状態であっても三カ月に一回は稼働していることです。



「アマチュアバンドのプロモーションビデオを格安で制作代行いたします」「村おこし、中小企業PRビデオを格安で制作いたします」など、テーマが決まっていれば注文しやすいです。

逆に「なんでも動画制作冠婚葬祭から、飼い猫や子供の笑顔、安心できる針治療まで投稿動画サイト掲載いたします」という文面だけがあって、肝心の作品がないままでは、注文する側も「この人にお願いして果たして大丈夫なのかな?」と勘繰ってしまいます。

これらのことに気をつけて管理運営をしていきましょう。