アニメのフリーソフトで動画制作

アニメーションを作成するためには、根気が必要です。
企業で動画制作をする場合も、潤沢な資金と時間が不可欠です。

ただ最近では動画制作に便利なソフトウェアが続々とリリースされており、そういったフリーソフトを活用すれば、かなり時間を短縮させる事が可能となります。



ペイントソフトで下書きをするという方法も便利ですが、最終的なクオリティを考えれば、アナログの状態でラフ原画を作成した方が良いでしょう。

OKWaveの情報をお知らせします。

実際にアニメーションのプロたちは、鉛筆と動画用紙で今日も下書きを制作しており、デジタル全盛期の今でも下書きだけではアナログの道具で創作しております。


ラフ原画が作成出来れば、後の手順はフリーソフトにお任せしましょう。

動画制作のアプリケーションを起動し、アクションのタイミングや彩色を、進めていきましょう。



予めラフ原画の状態で、カラー指定をしておけば、フリーソフトでの作業の手間が減ります。

色鉛筆でカラー指定の領域を指定しておけば、パソコン画面で簡単に色のエリアを、認識させ、自動的に彩色を済ませる事が出来ます。動画を作成できるソフトウェアも、今では多種多様な製品が販売されており、シェアウェアを利用する現場も珍しくありません。

しかし趣味の創作であれば、コストを意識したフリーソフトでの作成でも十分でしょう。

創作した作品はインターネットの動画投稿サイトなどで、公開してみるのも面白いと言われています。実際にフリーソフトで作品を制作し投稿するクリエーターもいます。